一番おいしいのは?高千穂の紅茶+半発酵茶を飲み比べた結果

Pocket

先週末の高千穂旅行でゲットした国産の紅茶と半発酵茶の飲み比べをしてみました。

 

九州のお茶といえば、八女茶が有名ですが高千穂でもお茶を作っていたのですね。お茶好きなわたしとしては見逃すわけにはいきません。

比べた結果、わたしの好みでランキングは次のとおりになりました。

  1. はつこひ紅茶(五ヶ瀬産)
  2. 半発酵茶(矢部産)
  3. 高千穂紅茶(高千穂産)

はつこひ紅茶は袋を開けたときから甘い香りがしました。お湯を注ぐと香りが立ち上っていい感じに。そのまま飲んでもおいしいし、お菓子作りに使ってみてもいいかもしれません。

半発酵茶は中国茶っぽい、ちょっと独特の香りがしました。でも、嫌いではないです。

高千穂紅茶はあまり香りがしませんでした。お茶は香りも結構大事だと思います。パッケージ的には一番期待をしていただけに残念です。お湯の温度がまずかったのかしら??また別の機会に淹れ直してみようと思います。

ちなみにそれぞれのお茶をグラスに入れて、夫に利き茶をしてもらいましたが同じような感想でした。

私には中学生のとき、緑茶のおいしい淹れ方やお茶に合うお菓子の研究と称してお茶を飲みまくっていた時期がありますが、そのときを思い出して、今度は紅茶の研究をしてみるつもりです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です