失敗はやめること?わたしがブログを書く理由

Pocket

ブログの更新がしばらく滞っていましたが、とあることをきっかけに再開しようと思います。

きっかけとは、先週大阪で開催されたセミナーです。

セミナーのゲストは『ブログ飯』の著者染谷さん。

ブログ飯は、わたしかブログというものに興味を持つきっかけとなった本でもあるので、その著者が講師と聞いて絶対に行かなくてはと思いました。

内容は中小企業や個人事業主のウェブ担当者向けのセミナーだったのですが、その中で

ブログの場合の失敗は、やめること。

という話がありました。

そのとおりなんだと思います。

間が空いてしまうと余計におっくうになってしまいます。

「中身の薄い投稿をするくらいなら、書かない方がマシ」という人もいますが

なんらかの目的を持ってブログを始めたのであれば、少なくともその目的を達成できるまでは続けた方がいいでしょう。

いや、続けるべきです。

わたしはここのところ仕事が立て込んでいたこともあって、単なる趣味の延長線上でしかないブログは放置状態でした。

だって、趣味はお金にならないから。

でも、ワードプレスで作っているこのサイトには、サーバーやドメイン代がかかっています。

更新しなければ垂れ流しです。

いろいろなもっともらしい理由をつけてサボっていましたが、だったら「なぜブログを始めたのか」

そのことをきちんと考えた方がいいんだろうな。と感じました。

一番最初にブログを始めたのは「文章を書くことで表現をしてみたい」という欲求からでした。

ところが、それはすでに仕事で一部、叶えました。

すると「表現したい」という理由では続ける意味がなくなります。

なぜ、表現したいと思ったのかを考えてみると、わたしは自分の考えていることを言葉にすることに興味を持っていることが分かりました。

なぜ、言語化することに興味を持っているのかというと、

読んだ人になんらかの気持ちを湧き起こしたり、変化を起こさせてみたい

という欲求が強いのだと思います。

今のわたしが、ブログを読んだ人に(何人かは目にしてくれる人がいるという前提で)どんな価値を感じてもらうことができるのか。

それはこのブログのタイトルにもあるように田舎での生活を楽しむための考え方や暮らし方を書くことなんだと思います。

わたしは神奈川県の横浜出身で、2016年に熊本県の天草市にやってきました。

子どもの頃は親の転勤で各地転々としていたので、正確には出身といえるかあやしいのですが、一番長いのは横浜なのでそう言っています。

少なくとも電車や地下鉄移動がメインのところばかりに住んでいました。

数年前まではマイカー移動が当たり前の地域には住んだことがありません。

ここ数年は都市部から地方への移住がブームになっていて、関心を持っている人も多いといいます。

あるデータでは、首都圏に住む4割の人が地方での生活に興味を持っているそうです。

それなのに、さまざまな理由でその一歩を踏み出せない。

根底にある理由は、おそらく変化が怖いということなのだと思います。

わたしのように都市部でしか生活したことがない人は、地方での生活がイメージできない。

特にこれまで受験や就職で頑張って成功した人の場合、地方に行くことはこれまで努力して築いてきたことを捨てることだと思っている人もいるかもしれません。

半分はそうかもしれないけど、半分はそうじゃない。

そういうことを、わたしは自分の実体験を元に伝えてみたいと思っています。

そしてこのブログを読んだ人の中に「田舎で生活してするのもいいかもしれないな。」そう思って、実際に行動に移してくれる人が現れる。

それがわたしがブログを書く目的です。

ただ、そのためには、わたしがどんな人で、どんなことを仕事にしているかなど、もう少しオ ープンにする必要もあるのかもしれません。

長い間、ネットで個人情報につながることを書くのに抵抗がありましたが、どうせ一部はすでにこのブログにも書いていることです。

本気で調べようと思ったら、どこの誰だかすぐ分かります。

ブログの目的を達成するには、読者にとって有益な情報を伝えることが肝心です。

価値を感じてもらうには開き直った方がいいのかもしれない、と思いました。

そういう意味で、先日のセミナーはわたしにとって、ブログとは何かを考えるといいきっかけになりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です