【読書メモ】いつもひとりで

Pocket

阿川佐和子のエッセイ集。1年ほど前に『婚約のあとで』を読んで以来、阿川さんの作品がなんとなく気になっていました。

いつもひとりで 文春文庫

いつもひとりで 文春文庫

 

本書「ひとりで」生きていこうと覚悟を決めつつある阿川さんの視点で書かれていて、おもしろかったのは父、阿川弘之氏のエピソード。
強烈過ぎて、他が印象に残らないほどですが、全体的に読ませる文章だなと感じました。随所に、阿川さんの独特さが感じられておもしろいです。

エッセイが、作家の個性を最も表すものだとわたしは思っていますが、本書を読んで、阿川さんと会ってみたいなと思いました。

Pocket