人のために使えるくらいの余裕が欲しい。お金が必要な理由

Pocket

先週の23日以降、日経平均株価が安定しませんね。含み損を抱えていた投資信託を解約して別の金融商品に乗り換えようと思っていたところだったので現在動向を静観中。

投資を始めたのは大学生のときだったけれど、短期的な売買はしたくないと思っていたし、今もその考えは変わりません。短期的にやって利益を出せるだけの知識もないし、一日中チャートとにらめっこをしていられるほど暇でもないから。

とはいえ、お金はやっぱり欲しい。ここで一つお金が欲しい理由を自分なりに整理してみます。

一番の理由は、精神的な余裕が欲しいからです。現在の生活に不満があるというより、自分の懐具合を気にせずに家族のためにお金を使ったり、重要と考える団体に寄付をしたい。自分の生活でいっぱいいっぱいだと、他のことを顧みる余裕がなくなってしまうでしょう。「いつかお金ができたら」は、「今はお金がないから」と、他のことを気に掛けなくてよいことを正当化してしまう気がしています。

お金があれば、家族を旅行に連れて行ったり、病気になってもお金のことを気にせず治療が受けられるし、将来子供ができたときに十分な教育を受けさせることもできます。環境保護団体や貧しい子供のために活動する団体に対して、継続的に応援することもできる。

今の状態を続けていても、お金の面では改善が見込めないので、本格的にお金の勉強をしようってここのところ考えています。経済的な自由っていう概念は、金持ち父さんの本

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

の影響を受けています


自分のためだけでなく、人にお金を使える人間になりたい!

今にそちらの方が楽しくなって、まったく違う別の道を進んでしまえるぐらいになりたいものです。

Pocket