熱い志を持った人を特集するクーリエジャポンが熱い

Pocket

今月のクーリエジャポン、目次を見る限りおもしろそう(^^)

「世界を変える仕事をしてみませんか?」だって。

今アメリカでは、お金よりも社会貢献できる仕事を希望する若者が増えているらしい。NGOや社会的な事業を興す事業家、国際公務員を志す人が増加中。彼らにとって、仕事の最大のモチベーションは、「人の役に立っている」感覚らしい。
わたしも、そういう仕事に関心があって、だからこそ青年海外協力隊に応募してみたり、少しでも関係ありそうな今の仕事に転職したわけだけど、そういう人は今世界中で増えているんだなぁって思った。
でも、1/3の給与でもいいからやりがいを求めるっていうのは自己欺瞞だなって思ったけど。元がどれだけだったのかによるのかな。
自分で考えたと思っていたけれど、わたしはしっかり、流行に乗っていたわけだ。他の人と同じなのは、嫌だなぁ。

わたしは、社会貢献もしたい!お金も欲しい!という路線でいこう。

8月号には他に、日本人が知らないダイエットの「新常識」、「完璧なルックスで家柄のいい娘を連れて来い!」(中国)なんていうおもしろそうな特集がある。

これは週末、買いに行っちゃう。年間購読も検討しちゃうかな。

世界のトリビアに詳しい事業家を目指すかも♪
Pocket