子供には分からん「風立ちぬ」

Pocket

大人向けの映画。子供はつまんないかも。
なぜって、テーマが重いから。
堀辰雄の同名の小説風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)も読んでいるところなのだけど、昔の人って言葉遣いや動き方がきれい。アニメにもしっかりそんなところが描かれていた。

見る前は、風立ちぬと、零戦がどう結びつくのか分からなかったけど、製作途中で風が立つ様子が見える飛行機はきっと飛ぶってことだったみたい。

堀辰雄の風立ちぬのせつないラブストーリーと堀越二郎の零戦開発ストーリーが合体して、ドラマチックなお話になっていた。ジブリなので、残酷なシーンや凄惨なシーンはオブラートに包んで、見ているものに想像させるつくり。

後半、何回かぐっと来てうるうるしちゃった〜
でも、他のジブリ作品のように何回も見ることはないかな。
主題歌のひこうき雲も、よく聞くと悲しい曲だし。
Pocket