賞味期限が近いor食べきれない果物の対処方法

Pocket

何度か通っていると、こちらは覚えていなくても、相手がこちらの顔を覚えてくれるなんてことがあります。

昨日まで行っていた小豆島で、いちじく農家の方から、いちじくを分けてもらった。雨の後だから、味が薄くなっているけどといいながら、ハウスに入ってその場で採りたてのいちじくをもいでくれた。

とはいえ、横浜まで持って帰る間に痛んでしまいそうだったので、ジャムにすることにした。
参考にしたのは、クックパッド。レシピにはちゃんと、いちじくや砂糖の重量が書いてあるけど、わたしは入れるものだけ見て、あとはテキトーに作りました!
ジャムって、砂糖入れて煮詰めればいいだけなのでラクだね。

今日、家でヨーグルトに載せたり、パンに付けてみたりしたけど、とっても美味♡たくさんもらった果物があるけど、食べきれないものがあるなんてとき、ジャムにすると長期保存ができて便利。

ポイントは、作るより保存用の瓶の消毒かも。

瓶に中身を入れた状態で軽く蓋をして、瓶ごと鍋で煮る。

 
中の空気を逃がすことができるので、瓶だけ煮沸消毒するより長持ちするとのこと。
それにしても、田舎の人って、知り合いになるとよく分からない理由でいろいろ物をくれることもあるんだね。
都会の人付き合いとは違って、おもしろいな♪
Pocket