【英文記事】新しい目玉「キャニオニング」

Pocket

今週の記事。

“Canyoning makes a splash in Gunma”

出典:ジャパンタイムスウィークリー 8/31号
f:id:OkOge:20130902232309j:plain

【概要】

群馬県の水上で、キャニオニングが注目を集めている。キャニオニングとは、フランス発祥のスポーツ。ヘルメットとライフジャケットだけを身に付け、流れの早い川を滑り降りる。スイスやネパールで人気。ラフティングと違い、水位の低いところで楽しむ。

水上では、湯治客の減少に頭を悩ませてきたが、キャニオニングを始めてからは8月の週末だけで800人以上の観光客が訪れたという。

【気になったポイント】

  • タイトル

Canyoing makes a splash in Gunma(群馬でキャニオニングが大評判)

make a splash:あっと言わせる、大評判になる。

キャニオニングの話題と、うまく掛けたタイトル。

  • of+名詞=形容詞

Good accessibility with well-maintained roads is another of its charms.(維持管理の行き届いた道路で、アクセスがいいこともとても魅力だ)

この場合、charmingになる。昔学校でやった、実際の例。あ、これこれと思ったので。

 

感想】

最近、よく聞くキャニオニング。川の滑り台みたいなところを、滑り降りるわけだけど、危なくないのかちょっと心配。実際、統一的なルールがまだないから、流されて亡くなった方もいるらしい。水量が多いときは、やらないっていう選択もしないとってことなのかな。
 

晴れの日が続いてるときにやったら大丈夫かしら。夏の暑い日に一度はやってみたいと思うスポーツの一つ。

 

Pocket