やろうと思ったことはすぐやること!

Pocket

母に、亡くなる前にやっておいてもらいたかったこと。

財産リストの作成

 
どこにいくらあって、通帳・キャッシュカード、印鑑はどこにあるか。
生命保険の証書はどこにあるのか。母はまだ歩けるうちからエンディングノートを病院に持ち込んでいたくせに、開いてみたら真っ白だった。
最悪なことに、父も退職してからボケてきているので、自分の財産管理さえままならない。当然、母の権利関係の書類がどこにあるかなんて知らないわけで。
遺品整理をしながら発掘するしかなく、途方に暮れてしまったのでした。

不動産や株式の所有はなかったと思うので、相続税の対象額までは達しないと思うけど、家族としては本当に困る。まだまだ大丈夫なつもりだったから書かなかったのか、そのうちに書くことができないくらい体力が落ちたってことなのか。

なんでもそうだけど、やろうと思ったらすぐやらないと、タイミングを逃しちゃうんだよ。

よくいるよね、やろうと思ってるけどやらない人。教材買ったら満足してやらない人。毎日の生活を変えたいから、習い事や新しい趣味をはじめるって言ってるけど、時間がないからって、はじめない人。仕事辞めたいって言ってるくせになかなか行動に移さない人。

やろうと思ったことは、言い訳しないですぐやること!

そうすることが、人生のいろんなチャンスをつかむことにつながると思うし、最終的にはきれいな幕引きにつながると思う。人の死に際して思ったのは、いつか、って思って先延ばしにできるほど、人生は長くはないんだということ。

自分がいなくなった後の整理をちゃんとするのは、プライベートでも仕事でも同じ。いるときは、すごくパフォーマンスがいい人だけど、その人が抜けると周りが困る仕事の仕方というのは、褒められたものではないでしょう。

肉身ながら、生き方のスタンスの違いを感じたのでした。

Pocket