【映画】清須会議を見た

Pocket

三谷幸喜の最新作、清須会議を見た。

 これまでの作品と違って、分かりやすく笑いをさそう場面は少なかった。
歴史映画だなという感じ。
大泉洋は、秀吉の役にはまってた。
これまでの秀吉像で伝えられている、猿っぽい感じと、田舎っぽさと、人懐こい感じがマッチしてるなぁって感じた。
わたしの秀吉の正妻ねねは、NHK大河ドラマの沢口靖子のイメージ。この映画でも、中谷美紀だからきれいな役かと思ったら、眉毛がぶっとくて、ノリノリに踊りまくっていた。かなり親しみやすい感じだった。
剛力彩芽と鈴木京香は、眉毛が無くて面白かった。眉毛は表情を決める大事な要素だね。時代劇でも現代眉の人は多いから、ちゅっと新鮮。
三谷幸喜の映画で、毎回すごいなと思うのは、大物俳優がチョイ役で出ていること。
エンドロールを見て、え?どこに出てた?って人も。
久しぶりに、おもしろい映画を見ました♪
Pocket