キーワードはお得感!また行きたいと思えるお店の分岐点

Pocket

今週は、お昼ご飯を2回外食した。

1件は、桜木町の古奈屋ランドマークプラザ店。
もう1件は、同じく桜木町駅前のコレットマーレにあるベーカリーカフェのブレドール。

どちらもご飯としてはおいしかった!でも、たぶん古奈屋には行くことはないと思います。なぜなら、古奈屋にはお得感がないから。

古奈屋は、カレーうどんの有名店。本店は巣鴨にあるみたい。以前、TVでカレーうどん誕生までの秘話を見て以来ずっと行ってみたいと思っていました。スープにそんなにこだわっているのなら!って。

実際、食べてみると普通にカレーをかけただけのそのへんのうどんとは違うなって思った。

ただ、この店のターゲットは誰なんだろう?という感想を持ちました。

ランチは、いくらくらいまでと考えるのが普通なんでしょうね。
よほどのことが無い限り、1000円くらいが妥当なのではないでしょうか。できれば、1000円いかない方がありがたい。1000円を超えるからには、それなりの付加価値が必要です。

古奈屋のランチは、たしか
A)カレーうどんのハーフサイズ+ごはん+小鉢 900円
B)カレーうどんのハーフサイズ+天丼+小鉢 1200円

でした。わたしは野菜の天ぷらを食べたい気分だったので、Bにした。小鉢は野菜ものが出てくると思ったら、レモンゼリー。

うどんにご飯という組み合わせは、がっつり食べたい人向けのような気がするのだけど、それにしてはボリュームが物足りない。
1000円を超えるランチにお金を出すのは、どちらかというと女性だと思うのだけど、それにしてはヘルシーさが足りません。デザートを付けておけばいいでしょうって感じなのかしら。

古奈屋とコラボしている日清のHPを見たら、うどんを食べ終わったダシにごはんを入れて食べるのが古奈屋流だそう。そんな説明はありませんでした。。知ってる人が来ればいいってことなのかもしれませんね。

 

一方、カフェベーカリーのブレドール。

葉山に本店があるらしく、原材料はオーガニック100%にこだわっているとのこと。神奈川県でとれた野菜を店頭販売していて、テーマを感じました。どういう人に来てもらいたいかのターゲットが分かりやすいです。

食べたのは、ハンバーグシチューと温野菜のサラダと焼きたてパンのワンプレートランチセット、1000円。ランチセットは850円からあったけど、隣の人が食べていたのがこれでおいしそうだったので。他に、温かいスープと飲み物が付きました。

飲み物は、メニューの中にあるもの全部から選べてコーヒーとパンはおかわりができます。

おかわりのパンは、どんなものなんだろうと思ったら最初にでてきたパンとは違うものがでてきました。

しかも、アツアツ!

トースターで温めただけなんだろうけど、それでも十分おいしい。違うものが出てきたというのがよかったです。

お店はそれなりに混んでいて、店員は忙しそうにしていました。レジ会計と、注文待ちをしている客が重なってしまったシーンがありました。急いでレジを対応した店員は、注文待ちをしている客にちゃんと「大変お待たせしました」って言っていましたよ。

当たり前じゃん!って思うかもしれないけど、機械的な感じじゃなくて、感じがよかったです。

飲食店を名乗るからには、おいしいのは当然だと思います。でも、それ以上に客に付加価値を感じてもらえるかどうか、「お得感」があるかどうかってかなり重要。

安さを求めるのなら、他にも店はあるわけなのでね♪

Pocket