【読書メモ】水の出会う場所

Pocket

小説を読むのがちょっとしたマイブームです。魚住陽子の『水の出会う場所』を読みました。

 
何度も芥川賞候補になったというだけあって?、とてもきれいな文章を書く作家だと思いました。
静かに心に染み入ってくるような。
 
表現も、使われている漢字もちょっと難しいものが出てきます。
 

水の出会う場所には、3つの短編が収録されています。テーマは老いとか、命。出版社の紹介文には「瑞々しく、清々しい」とあるけれど、わたしは寂しさを感じました。それとなく書かれている部分も多くて、よく読まないとなんだったの?と思うところもあります。小説って、じっくり読むものなんだなと思わせてくれた本です。

 

わたしは最初の、緑の擾乱(じょうらん)が一番好きな短編でした。 

Pocket