フルーツは甘さが命?

Pocket

9/7(月)放送のソロモン流を見た。

登場人物は、千疋屋総本店の常務兼企画•開発部長。
関東にいると千疋屋は有名だけど、全国レベルで見ると知名度はそれほどないらしい。羽田に6店舗出店することで、知名度を高めようという狙いがあるのだとか。
日本のフルーツは甘いと言われてる。
その中でも、甘くて上等なものだけを扱うのが果物屋である千疋屋の使命。
糖度が皮の際まで11度あるスイカは一個8千円超もする。フルーツそのものより人気があるのが、パーラー。
高いけど、値段だけの価値があるからものすごく人気らしい。
フルーツの消費は年々落ちていると言われている中で、フルーツ文化を広めることを千疋屋は狙っているんだって。
ちょっとだけ、う〜んと思ったのはそもそも甘いことがフルーツのおいしさの指標でいいのかなということ。
甘すぎると体に悪そうだし、そもそも千疋屋は高級すぎて続かないのでは?と思った。
わたしはとびきりおいしいけど高いものをごくたまによりは、ほどほどの手頃なものを毎日食べたい♪
Pocket