【読書メモ】家事の捨て方

Pocket

『家事の捨て方 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く』を読みました。家事を効率的にしていくための心構えとか、時短家事の工夫について書かれているのかと期待していたから、少し期待はずれ。でも、家事の捨て方というよりは、楽しみ方に重点が置かれていて、基本的に家事が好きな人には納得できる部分も多いのだと思います。

家事は一人でやらなくてはいけないものではなく、家族でシェアするものという考え方はいいなと感じました。
「やってもらう」のではなくて、「任せる」。初めは自分がやった方が早いことの方が多い。でも、次第にその人なりの工夫も生まれる。
これって仕事にも通じる考え方だと思います。結局、それが自分の負担を減らすことになるってことですからね。子どもが大きくなったら、どんどん任せて自分のことは自分でできる子にしてしまおうと思いました。
Pocket