【読書メモ】土佐堀川

Pocket

朝の連ドラといえばNHK。2015年下半期に放送される「あさが来た」の原作本を読んでみました。

主人公は広岡浅子。日本女子大学の創立や、大同生命の創業に深くかかわった女性実業家です。
17歳で大阪の両替商の加島屋に嫁入りをします。文明開化当時、まだ女性が社会的に活躍していなかった時代に独学で簿記や算術を勉強したというエネルギッシュさが光ります。
それだけでも、すごいと思うけれど、時代の先を見てこれから求められそうな事業である鉱山や銀行、生保まで始めてしまう。晩年は女子教育にも力を入れて、実業家と教育家の二つの顔を持っていました。さらに、若い時から死ぬまでずっと働き通しで、3回も死にかけるという運の強さ。
なんだかすごすぎて、同じ人間とは思えないけど、フツーの人も参考になると思った考え方がありました。
それは、

どんな逆境でもいつもこれからと考える

ところ。

目標を立てたら、それをどう実現するか具体的な方法に落とし込む

 
ところ。
小説の最後の方でへぇ!と思ったのは、広岡浅子が花子とアンの村岡花子と交流があったことでした。歴史の教科書に載っていなくても、ドラマになるような人はたくさんいるのですね。
ただ知らないだけで。歴史上の人物をモデルにした小説は、今まで知らなかったことを知るチャンスとワクワクの両方を味わえてお得な感じがします。
Pocket