【読書メモ】君の膵臓を食べたい

Pocket

​エキセントリックな題名で、前から気になってはいたものの手が出なかった本。
図書館の新刊コーナーで見つけました。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい


高校生の恋愛小説

そう言ってしまえば、それでおしまいだけど主人公が高校生という設定では、十数年前に読んだ、世界の中心で愛を叫ぶと比べると、登場人物の精神世界が大人だなと思いました。

なぜ僕が、彼女を名前で呼ばなかったのかについての彼女の考察が深いです。

生きるとはどういうことか、という僕の質問への答えも。

お互いに自分とは反対側の人種だと思っている相手に対して、実は憧れを持っていたことが後になって分かる展開は、よくあるようなお涙ちょうだいものでもなく、直接的に愛だの恋だのを表現することもなく、好感を持てました。

他の作品も読んでみようかと思いました。

著者について調べたら、男性だということが判明。

ペンネームから勝手に女性だと思っていたので、意外です。

Pocket