地方で時給1000円は厚待遇!?フリーランスのライターは食えるか?

Pocket

在宅でできる仕事がしたくて、今年の1月末にサグーワークスに登録してみました。プラチナライターになれば、1文字1円以上の単価でライティングの仕事ができると評判だったからです。

以前はクラウドワークスを利用していた時期もありましたが、システム利用料が20%かかるうえに単価が安すぎてやってられないと感じたのでやめました。1文字0.2円とか、0.3円とか視力検査のような単価だったので。

登録して数日でプラチナライター試験に応募して、一回目は自分なりの書き方をしたのが仇になって撃沈。2回目は15記事以上承認されてからと言われたので、15記事きっちり承認されてから応募しました。

すると、今回の内容だけでは合否が判断できないので追加で記事を書くよう指示があり、まったく別のジャンルの記事を提出してようやく合格。三度目の正直でした。

最初の応募から、プラチナライター合格まではひと月半かかりました。朝の1時間半くらいしかサグーワークスの時間にあてていないことと、審査の期間が結構かかかったので思ったよりも時間がかかってしまったなという印象です。

いろいろ評判を読んでいましたが、プラチナライターの仕事はクラウドワークスの案件よりも書いていて内容がおもしろいものが多いし単価もいいと思います。今のところ、時給に換算すると1000円以上で仕事ができています。

わたしの住んでいる地域では、コンビニの時給が715円。ちょっといいところで800円。
最低賃金に張り付いています。地方の仕事は、正社員でもかなり厳しい待遇です。

外の仕事は拘束時間が決まっている上に、職場までの通勤も車で片道30分~40分はいたって普通。運転中は運転以外に何もできないことを考えると、在宅ワークは魅力的だと感じています。

ただ、専業で食っていけるのかと聞かれると、よく分かりません。
今後自分で実験してみようと思います。

Pocket