メルカリで人気のハンドメイド!スタイをセミオーダーしてみた

Pocket

今や知らない人はいないといっていいほどの有名フリマアプリ「メルカリ」。最近、赤ちゃんが生まれた知人にプレゼントするため、ハンドメイドのスタイを買いました。


このスタイは、以前、娘につけるために買ったのと同じ出品者の方から購入しました。リピート購入した理由は、「よかったから」。

このスタイを着けて歩いていると、みんなにかわいいと褒められるので娘もわたしも気に入っています。
360度首元をガードしてくれるので、ずれても首元がヨダレで汚れてしまうことがないすぐれもの。仮に、一カ所がヨダレでベトベトになってもくるっと回せば濡れていない面が現れます。リバーシブルのデザインのところもお気に入り。

きっとこれなら知人も喜んでくれるはず!と自信をもって買いました。

まるい形のスタイでは、ブランドものだとマールマールとかあるみたいですが、消耗品として自宅用に買うにはなかなかハードルの高いお値段です。

このスタイなら、一枚650円から700円程度で作ってくれます。西松屋ならもっと安くスタイを手に入れられますが、かわいくて機能的なものはなかなか見かけません。セミオーダーかつ送料込みでこのお値段はすごい。今回は、表と裏の柄を選択して、首回りが調整できるようにスナップも特別に余分につけてもらいました。

それなのに、1枚650円。しかも送料込みなんて安すぎじゃないでしょうか。

安いのはありがたいのですが、できたものを買うのと違って、オーダーの場合は注文者の都合が反映されているので、もう少し値段を高くしてもいいんじゃないかな、という感想を持ちました。ハンドメイドの作品を販売している方は、趣味でされている方も多いと思います。でも、販売する以上はある程度の価格設定をした方が、出品者の方のやりがいにもなるので結果的に長続きすると思うのです。

わたしは、いいものを作る人には長く活躍してもらいたい

最初は売れたことが嬉しいかもしれません。けれど、シビアに計算した結果、材料費と自分の人件費が出ないような値段設定にしてしまっていると、続けるのがつらくなってしまうのではないでしょうか。

他の収入源がある、ハンドメイドはやりがい、趣味なのでかまわない人もいるかもしれませんが、値崩れを起こすと他の作家さんにとっても悪影響です。安く売ってくれる人を他に探せばいい、そういう考え方もあるかもしれません。でも、そんな考え方だといい作り手も少なくなって、商品の選択の幅が少なくなってしまうので買い手にも悪影響です。

そもそも買い物という行為は、自分の労働力や時間を他の人に代行してもらってそれをお金で埋め合わせること。

いいものはそれなりのお金を出して買う(買ってもらいたい)、そんな考え方が売り手と買い手の双方にあれば、もっともっといろんなことがよくなるんじゃないか、そう思いました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です