料理がちょっとできるだけで人生の質が上がる

Pocket

自家製ベーグルでハンバーガーを作ってみました。

パテもうちで牛肉をフードプロセッサーでミンチにして作りました。肉は牛肉だけなので、パテが薄くても肉の味がしっかりしています。

お店で叩いたミンチを売り物にしているハンバーグ屋さんで食べると結構いい値段がしますが、うちで食べれば材料費しかかかりません。手間はかかるけど。。

田舎にはおいしいレストランがないこともあって、すっかり家食大好き人間になりました。

わたしは料理は、生きるためのサバイバルスキルのひとつだと考えています。便利になった世の中では、料理ができなくてもそれほど苦労しないのだけれど、自分で料理ができればおいしいレストランがなくても十分楽しい生活が送れます。

しかも、料理の素晴らしいところは、それほどお金をかけなくても、工夫次第でおいしいものが食べられること。おいしいものを全部外食に頼っていたら、お金がいくらあっても足りません。また、お金を出したからと言って、必ずしも自分の口に合う料理が出てくるとは限りません。

サバイバルはさすがに言い過ぎかもしれないけれど、食いしん坊にとって、料理は人生を楽しくするワザなのです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です