田舎は健康的な生活が送れる?!田舎暮らしを始めて3年経って感じる危機感

Pocket

ダイヤモンドオンラインで「一流になるのは、「勉強」「仕事」よりも「〇〇」を最優先にしている人である。」という記事を読みました。

答えを先に言ってしまうと、〇〇に入るのは「運動」。

田舎暮らしをするようになってから、特に天草にやって来てからは、体力不足をヒシヒシと感じています。横浜から東京に通勤していたときは、毎日駅まで歩いていたし、電車の中でも立ちっぱなし。駅の中でも乗り換えで歩くし、勤め先の最寄り駅から職場までも歩いていました。

一方、田舎暮らしに車は必需品。近くにコンビニもないので、ちょっと買い物に行くにも車に乗ります。歩く人がいないせいで、歩道も十分に整備されていないことが歩く気力をさらに低下させます。

都会の人の方が実は運動しているのです。

規則正しい健康的な生活を送っているせいで、指輪がユルユルになって、服のサイズも落ちましたが、もしかして筋肉が落ちただけなんじゃないかという疑惑も。体重が自分史上最低になったなんて浮かれている場合ではないようです。

少し座っていると腰が痛むようになってしまい、集中力が続かなくなってしまいました。体力をつけなくちゃと思っていた矢先に、ダイヤモンドオンラインの記事を見ました。私は語り手のような大きなビジネスをするつもりはありませんが、何をするにしても体力は必要だと感じています。

そこで2週間ほど前からパワーヨガを再開しました。ヨガなんて運動になるのかと思う人もいるかもしれませんが、パワーヨガは結構疲れます。筋トレに近いもので、汗をかきにくい私でも30分もすると疲労感を覚えるし、汗も噴き出してきます。

道具もヨガマットが一枚と、DVDか本が1冊あればいいのでお金もかかりません。自宅でできるので、思い立ったときにすぐできるところもおすすめです。

パワーヨガを、することリストの中に組み込みながら、週に2、3回のペースで続けてみます。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です