高千穂のパワースポット!真名井の滝と樹齢800年の杉がある高千穂神社

Pocket

家族で高千穂に行きました。高千穂は宮崎県ですが、天草の自宅からは3時間ほどで行くことができました。九州内の主要な観光地に車で行くことができるようになったのは、天草に引っ越してよかったと思うポイントのひとつです。

まず行ったのは、定番、真名井の滝。

ちょうどいい時間帯にめぐり合わせたようで、虹が出ていました。

それから高千穂神社と天岩戸神社。わたしは旅行に行って、その土地の有名な神社や寺に足を運ぶようにしています。特別、信心深いわけでもスピリチュアルが好きなわけでもなく、ただそこにある大きな古い木や、石の階段が好きだからです。高千穂神社には樹齢800年の杉の木がありました。

高千穂神社は日本神話に関係深い神社で、皇室関係者が訪問した記録もたくさん。

天岩戸神社は、天照大御神が隠れた岩屋をご神体にまつっている神社です。この神社にも樹齢300年の木がありました。表現が難しいのですが木の近くに寄って眺めたり、石の階段を一つずつのぼったりしているとはなんとも言えない落ち着きと清々した気持ちを感じます。

鶴岡八幡宮や、伊勢神宮はいつ行っても人がたくさんいますが、高千穂はそれらに比べるとマイナーなのか人もまばらでした。

こんな神社が家から歩いて行ける距離にあったら、週に何度も行ってしまうでしょう。天気のいい日の早朝に散歩したら気持ちがいいだろうなと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です